葉酸で血管がキレイになるの?

MENU

葉酸はどのように血管をキレイにするのか。

妊娠中の女性に良いと言われていた葉酸について「血管を若返らせる効果があるの?」という人がいますが、結論から言うと葉酸は血管を若返らせる効果が“あります”。
このことは少し前にテレビでも放送されていたので葉酸が血管をキレイにするメカニズムを説明していこうと思います。

 

1、血管の老化現象について知りましょう。

血管は一年中休みなく働いています。それは足先まで血液を流すために相当の圧力がかかっているということです。そして年月が経つと劣化していってしまい、問題が出てきます。
そのひとつが代謝を落としてしまうことです。
血管を老化させる成分にコレステロールや中性脂肪、ホモシステインというものがありますが、ここでは代謝が落ちること、葉酸、に関連するホモシステインという成分を取り上げます。

 

ホモシステインはあまり聞き覚えのない成分ですが、代謝機能の低下によって体内に蓄積されていき悪い影響を及ぼします。

 

@ ホモシステインの濃度が上がると活性酸素を多く出します。
A 活性酸素が増えていくと血管の柔軟性、弾力性を奪っていき、血管を硬くしていきます。これが動脈硬化や高血圧の原因となります。
B 血管が傷ついた時に血小板、赤血球の過剰反応によって血管を埋めてしまうことがあり、血流が止まってしまう脳梗塞などの病気にかかってしまいます。
C 活性酸素は血管の話だけではなく、シミや肌荒れの原因にもなります。

これを血管が老化すると言います。。

 

2、葉酸の作用について知りましょう。

葉酸はどういった作用があるかというと、@の活性酸素を発生させるもととなるホモシステインに効いてきます。
ホモシステインを体内に溜め込み過ぎないように調整する作用や元の成分であるメチオニンに戻す作用があります。
葉酸はビタミンB群の一種なので、体内のエネルギーの代謝をスムーズにし、体の調子を整える効果があるからです。
このホモシステインに作用するというところが血管を若返らせる、つまり血管をキレイにしているということになるんです。

 

最後に、血管は肌年齢と同じように「血管年齢」というものがあります。
年の割に若い!と有名になった南雲医師を知っていますか?もう50代にもかかわらず血管年齢は20代だったそうです。
見た目が20代か30代みたいで健康的な生活を送っているとテレビでも取り上げられていたとても有名な方です。
極端な例にはなりますけど、自分の努力次第で若返られるという一つの指針になるのではないかと思います。
説明してきたように血管をキレイにする“葉酸”もその助けになる成分です。

関連記事

一緒によく読まれている記事